ヘルニアの常識とは?

あなたは、椎間板ヘルニアと診断が下った時、このように説明されたのではないでしょうか?

椎間板ヘルニアとは、背骨の腰部の椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛びだすことをいいます(ヘルニア=何かが飛びだすこと)。このとき、飛びだした椎間板の一部が付近にある神経を圧迫し、腰や足に激しい痛みやしびれなどの症状を起こします。この症状を坐骨神経痛といい、椎間板ヘルニアの代表的な症状となっています。

 

そして・・・

 

治療法の説明として

 

痛みが強い時期には、安静を心がけ、コルセットをつけたりします。また、消炎鎮痛剤の内服や坐薬、神経ブロック(神経の周りに痛みや炎症を抑える薬を注射する)を行い、痛みをやわらげます。腰を温めるのも良いでしょう。痛みが軽くなれば、牽引を行ったり運動療法を行うこともあります。


保存療法

神経ブロック
 激しい痛みを抑えるために、局所麻酔やステロイド薬を注射し痛みを和らげます。注射の部位によっては、患者さんの安全を考えて、入院が必要な場合もあります。
薬物療法
 非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩薬を使って痛みを抑えます。
理学療法
 痛みが落ちついたあと、筋肉を強化するための体操や、専用の器具で身体を「牽引」することなどが行われます。

 

手術療法

 手術療法は、保存療法を行っても痛みがとれない場合や、脚に麻痺がある場合、または、日常生活に支障があって本人が希望する場合などに行われます。また、厚生労働省の作成した診療ガイドラインによると、「排尿・排便障害がある場合」には、48時間以内に緊急の手術を受けるように勧められています。

後方椎間板切除術
 患部を背中側から切開し、ヘルニアを切除します。
椎間固定術
 金属などで骨を固定する方法で、とくに腰痛がひどい場合に、後方椎間板切除術と同時に行われます。
経皮的椎間板療法
 背中を切開せずにヘルニアを切除する新しい手術法です。ただし適応するヘルニアのタイプが限られます。また、この手術法のなかでレーザーを使用する場合は、健康保険が適用されません

 

そして、このような生活指導もされてないですか?

  • 重いものを持ってはいけない
  • 腰を反らせてはいけない
  • 腰を曲げてはいけない
  • 腰をひねってはいけない
  • 柔らかいマットレスでは寝てはいけない
  • うつぶせで寝てはいけない
  • 仰向けで寝てはいけない
  • 柔らかいソファーに座ってはいけない
  • 長時間座り続けてはいけない
  • あぐらをかいてはいけない
  • ハイヒールを履いてはいけない
  • 急に動いてはいけない
  • 太ってはいけない
  • 長時間車を運転してはいけない
  • 長時間立ち続けてはいけない
  • 立ったままズボンや靴下を履いてはいけない
  • クロールや平泳ぎで泳いではいけない
  • 激しいスポーツをしてはいけない
  • コルセットを外してはいけない

私自身も椎間板ヘルニアと診断が下った時このような説明を受けました。きっと多くの方が同じような、いかにも常識的な説明を受けてきているのだと思います。

 

 

でも、現実は・・・

ヘルニアですねと言われる人は

純に考えて見てください

整形外科で『ヘルニアですね』と言われる人はどんな人でしょう?

MRIを撮って、椎間板が飛び出ている人はもちろんヘルニアと言われるでしょう。

 

では、MRIを撮らないといけない人は、どんな人でしょう?

きっと、レントゲンを撮って背骨の間隔が狭まっている人でしょう。

 

レントゲンを撮らないといけない人は?

腰痛で整形外科に行った人ですよね。

 

整形外科に行く人は

腰痛の人

 

何が言いたいのかというと、

腰痛がある人しか整形外科に行かないのです

 

痛くない人は整形外科に行かないし、MRIを撮りません。

ですから、『ヘルニアですね』とも言われないのです

実は、こんな結果が・・・

とある医師がこのような実験をしました。

 

腰が痛くないボランティアを集め、MRI検査をしました。

すると……なんと76%の人に「椎間板ヘルニア」が見つかったのです! 

「腰が痛くない人」の76%。しつこいようですがもう一度言っておきます。

「痛くない人」の76%にです。

──これってどういうことなのでしょう?

「椎間板ヘルニア」があっても「腰は痛くない」

ということは、「椎間板ヘルニア」と「腰痛」とは関係がない……ということではないでしょうか?

 

実はこの研究、1995年に開かれた国際腰椎学会で“腰痛界のノーベル賞”とも評される「ボルボ賞」を受賞した権威あるものなの。その後も続々と研究は進み、今や「椎間板ヘルニアが腰痛の原因」とされるのは、全体の3%程度にしかすぎないということがわかっています

 

ヘルニアがあっても痛くない

その1

まず第1にCTスキャンやMRI右側にヘルニアが確認されても左側の下肢に症状が出ている場合があります

 

その2

椎間板ヘルニアがあっても症状が出ない人が大勢います健常者を対象にCT スキャンで椎間板を調べた実験では20から27%に椎間板ヘルニアが確認されていますしMRIによる実験でもやはり21から36%に椎間板ヘルニアが見つかっています

 

 

その3

手術を受けても症状に変化がないしばらくして手術前と同じ症状が再発することがあります椎間板が除去されているのに症状が残ると言うのはどういう事でしょう?手術を受けた方の術後の経過が思わしくないのは全体の13%と言う結果が出ていますところが手術ではなく理学療法を受けた方、手術を受けた方のどちらも4年後には80%以上が10年後には90%以上が改善しているのです

 

その4

神経の圧迫は持続性の痛みを引き起こしませんたとえ何かに神経が圧迫され続けていたとしても痛みは短時間のうちに消えて麻痺に変化するものですですからいつまでも治らない坐骨神経痛の原因が椎間板ヘルニアにあるとはとても考えられません

 

 

そして、マイアミ医科大学のヒューバート・ロゾモフ教授は椎間板ヘルニアが痛みを引き起こす可能性は腰痛全体の3%に満たないと述べています

では、なぜ痛いのか?

1540_32椎間板ヘルニアが原因ではなく他に原因がある

上記でも説明した通り、椎間板ヘルニアによって痛みが発生してしまっている訳ではありません。痛みが発生してしまっている主たる原因は筋肉と神経にあります。

1540_32筋肉の酸欠が痛みを出している

筋肉の酸欠が起こると、筋肉に疲労物質が貯まり筋肉痛を引き起こします。また、筋痙攣も引き起こし激痛が発生します。さらに、酸欠状態が神経に至ると痺れや麻痺などの症状も発生してきます。神経の場合、筋肉よりも繊細にできているため、酸欠状態に敏感になっています。腰の痛みがなくとも足にしびれが出てしまうのはこのためです。

1540_32なぜ、その筋肉が酸欠になってしまうかが問題

筋肉や神経が酸欠状態になってしまう大きな要因は、自律神経の乱れです。自律神経は血管の拡張、収縮を行っています。自律神経に乱れが生じると、血管の収縮が過度に行われ筋肉や神経を酸欠状態にしてしまいます。結果、痛みやしびれが発生してしまっているのです。

その原因を見つけ出すには

整形外科?

あなたに、『椎間板ヘルニアですね』と診断を下し、ヘルニアだから痛みが出ていると説明した整形外科に通い続けても、痛み止めとシップ、もしくはリハビリを受けて下さいとウォーターベット、牽引、電気治療と同じ処置でいつまでも変化が出ないままでしょう。

 

治療院?

接骨院、整骨院、整体、カイロプラクティック、針灸と治療院には様々ありますが、この真実を知らない治療家の所に行っても原因はきっと見つからない事でしょう。そして、原因も見つからないまま結局何をどのように変化させたらいいかもわからず、当てずっぽの治療を受けることになるでしょう。

 

では、どこに行けば?

あなたが頼りにしている病院、治療院で椎間板ヘルニアの真実をしっかり説明し、治療法を適切に行える所はありますか?もし、あるのであればそちらでしっかり治療を受けることをオススメします。先生の治療方針やアドバイスを忠実にやってもらえれば必ず変化が出ることでしょう。

 

ですが、周りにヘルニアの真実を理解し、原因を追求して適切な処置をする所がないあなたはどうすればいいのでしょう?

 

大丈夫です、ほまれ整体院はヘルニアの真実を理解し、原因を追求して適切な処置をする山形で唯一の整体院です

 

 

 

あなたは、こう思っていませんか?

 

もしそう思うなら、ほまれ整体院でカウンセリングを受けて下さい。

あなたの痛みの本当の原因、そして、その改善法が見つかるはずです。

 

今なら、椎間板ヘルニア専門コース新設記念として
期間内にご予約いただいた方だけ特別に

 

でご案内致します

 

イチ早くヘルニアを改善したい方は当院は完全予約制になりますので

今すぐ下のボタンからメールでお申し込みください

メールで予約する

 

ほまれ整体院

山形県寒河江市中央工業団地159-9

TOP