3.11

今日でまる2年になります。人それぞれ早かったと思う人もいれば、長かったと思う人もいるかもしれません。しかし、いくら年月が経っても決して忘れてはいけないことだと思います。

今日は、私自身が忘れないよう、あの日の出来事を書いていきたいと思います。

 

あの日、私は仙台市の当時勤めていた会社のビルの階段の最上階の踊り場にいました。観葉植物の土の入れ替えを頼まれ作業しており、3時に予約が入っていたのでそろそろ片付けようとしていました。

そして・・・   グラッグラッ

何日か前から地震が数回あり、避難する程でも無かったので今回もおそらく大丈夫だろうと思いその場で揺れが収まるのを待っていましたが、徐々に強くなりついには身動きがとれなくなってしまいました。

壁が崩れ、モノが階段から落ち、天井にもヒビが入っていくのが見えました。揺れが収まり外へ出てみると、ビルの窓ガラスが落ち歩道に散らばっていました。会社の人とすごかったねと話していると、他の人がまた揺れていると叫びました。ふと上を見ると残っている窓ガラスが今にも落ちそうに揺れていて、私は反射的に階段を駆け上り窓を外しに行きました。外せる窓は外し、外せない窓は紐で縛り固定。揺れの続く中4Fでの作業は流石に怖かったのを覚えています。

ようやく揺れも落ち着き、実家や友人などに連絡しようと電話しましたが繋がらず、県外からの友人の電話だけが受けれる状況でした。電話では無理だと思いメールを送信し返信を待つことに。30分くらいして、両親は無事との連絡。それから少しして、県外の友人からの電話・・・

友『もしもし、家大丈夫なの?』

私『実家は大丈夫みたい、自分のアパートはまだ帰ってないからわからんけど。』

友『いや、違くて、津波!』

私『え・・・?』

友『石巻の住宅地、流されてるよ!』

私『は・・・?』

意味不明でした。なんで、県外の人が石巻の事を知ってんだ?津波って?完璧に思考が止まってました。突如電話が切れ、すぐ着信が。

友『これ見える?』

テレビ電話でした。

私『・・・。・・・。・・・。まじか。』

友『だから大丈夫って聞いたの!』

私『ありがと!もういっかい連絡してみる。』

と言って電話を切り両親へ連絡しましたが、その後連絡は取れませんでした。

どうにか連絡を取りたいと思って携帯を見ると充電がなくなり停電していたので充電も出来ずもうどうしようもなくなりました。

 

帰宅して、荒れた部屋を暗い中片付け、冷蔵庫に入っていたもの食べその日は早めに休むことにしました。

次の日上司に携帯の簡易充電器を借り少しだけ充電を回復させ、電話帳を開き公衆電話で実家に電話しましたが繋がらず、色々考えた末にまだ当時は彼女だった妻の実家へ連絡しました。今の状況を伝えるとガソリンを確保できたら仙台に来てくれるとのこと。そして、石巻にもいってくれるとのこと。これで安否だけでも確認できると希望が持てました。

そして次の日石巻へ。仙台から石巻へ向かう間もどの街もひどい状況で、県内全てこんな状況なのだろうと確信しました。東松島市についたところで、兄の家族の安否も確認できていなかったので、思い当たる避難所を周り探すも見当たらず、もしかすると家が無事だったから家にいるかもと家へ向かうと、言葉が出ませんでした。水は引いていたものの確実に水没していた痕跡がありました。しかし、兄のいる場所はわかっていました。松島基地。そこに行けば情報がつかめると思い基地に向かい兄を呼び出してもらいました。すると、奥さんは○○小学校にいるかもしれないと、そして子供は幼稚園にいて無事だとラジオで放送していたとのこと。兄が持ち場を離れられないのを私は知っていたので、家族は大丈夫だからと告げて、場所が近い奥さんの方から探す事に。

避難所になっている小学校につき、そこの先生と思われる人に尋ねると、○○さん、水が引いてからお子さんのところに行くって幼稚園に向かいました。と言われました。今度は幼稚園にと思ったら、そろそろガソリンもやばいとのこと。なくなく幼稚園は諦め実家へ向かうことに。

夜だったこともあり、あたりは真っ暗で、家ももちろん真っ暗でした。ドアを開けると両親が出てきてよかったーと私の無事を確認できて喜んでいました。すると、奥の方から兄の家族が出てきて、私もようやくほっとできました。

この時感じた事は今では家族ですが、妻の両親に感謝の気持ちでいっぱいだったこと。人は人に支えられて生きているんだということ。私は3・11が来るたび、東日本大震災の悲しい出来事と人の支え合いがどんなに大切な事かを思い出すのだと思います。

今現在、東日本大震災はまだ終わってはいません。復興・復旧もまだまだです。震災当初と今では、被災地が求めている事は違うと思います。私は自分にできる何かを被災地の支えになれるようやっていきたいと思います。

 

 

Follow me!

朝起きて、スッと起き上がれない、真っ直ぐ立てない、普通に動けるようになるまで時間がかかるという症状の方を多く診てきました。ほとんどの方は慢性腰痛になっていましたが、それを改善すれば朝スッキリ起きられるように!そんな慢性腰痛の方にしていった事は原因となる筋肉を…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です