腰をもんでも腰痛が治らない理由

こんにちは、ほまれ整体院です。

当院の患者様は、病院や治療院に何件か通ったけれども良くならなかったとほとんどの方がおっしゃっています。そして、いろんな所で治療を受けるも、全て腰に何かしらの治療を受けていたようです。

なので、今回は腰痛治療で腰をもんでも(腰に何かしらの治療をしても)治らない理由について解説していきます。

理由1『腰痛の原因が不明』

今現在の医療機関での言われているのが、腰痛の約85%が原因不明でレントゲンやMRI、CT等の画像検査をしてもどこに痛みの原因があるのか分からないのが現状です。そして、残りの15%は画像検査で特定できる椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症と言われています。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は画像でしっかり確認出来るので医療機関では『椎間板が神経を圧迫して痛みが出てるんですよ』と説明があります。きっとこのブログを読んでいるあなたもヘルニアと診断された時にそう言われたと思います。

ですが、ここで不思議なことが起こっています

椎間板ヘルニアを例に取ってお話しますが、椎間板が飛び出ているにも関わらず、全く痛みがない人がいます。私もその一人ですが、とある実験で腰が痛くない人をMRIで検査したところ20~30%の人にヘルニアが確認されたという現実があります。

さらに言うと、もしかしたらあなたも経験があるかもしれませんが、昨日はかなりひどい痛みだったけど、今日はそんなに痛みがない。

さらに、朝は激痛だったけれどお昼からはだいぶ楽で、夕方から少し重ダルくなってきた。という話をヘルニアの方から多く聞きます。

でも、よく考えて下さい。

飛び出たヘルニアは、昨日はめっちゃ飛び出て今日は引っ込むんでしょうか?また、朝は飛び出て、昼は引っ込み、夕方からニョキニョキ出てくるのでしょうか?

ありえませんよね?

椎間板ヘルニアはもちろん、脊柱管狭窄症でも同じ事が言えますが、そうなってくると椎間板が飛び出て痛みが出ているというのは正しいとは言えなくなってきますし、画像に写っているヘルニアが痛みの原因ではないとすれば、原因を特定できる15%の腰痛自体も原因不明ということになります。

では一体どこに痛みの原因があるのでしょうか?

理由2『そもそも、腰には原因がない』

結論から言います。
『そもそも、腰には原因がほぼありません』

色んな治療院、病院に通われた方は身を持って知っていると思いますが、普通、腰痛の治療は腰に何かしらの施しをします。例えば、電気をかかたり牽引をしたり、湿布を貼ったり、マッサージをしたり、矯正をかけたり。それぞれの治療法を否定するわけではありませんが、結果として腰痛は改善しているでしょうか?

その答えのほとんどがNOだと思います。事実、私のヘルニアもそうでした。

ということは、腰には原因がなく痛みが発生していることになります。ほまれ整体院では、それを踏まえたうえで腰痛治療の99%は腰を触りません。(検査の時は触ります)

では、どのような治療をするのかといえば、足、お尻、お腹、首の筋肉を緩める

ただそれだけです。

筋肉の硬さが筋膜の異常を引き起こし、腰の可動制限をかけてしまい、痛みを発生させています。
ではなぜ、の足、お尻、お腹、首その筋肉が硬くなってしまうのでしょうか?

理由3『筋肉が硬くなる原因はストレス』

今までの話を簡単にまとめると
腰痛の原因 ⇒ 足、お尻、お腹、首の筋肉の硬さ
となりますが、それが最終的な原因ではありません。その筋肉がなぜ硬くなるのか?というのも原因の一つです。

筋肉が硬くなる原因は、よく言われるのが、姿勢の悪さ、筋肉疲労、筋肉を使っていない等、言われます。それらも筋肉が硬くなる要因になります。ですが、一番の要因と言われているのがストレスです。

ストレスと言っても、単に嫌な出来事があり辛い思いをするという事だけがストレスではありません。

不安、緊張、恐怖、不快、怒り、抑圧、心配、悲しみ、後悔、罪悪感、なんかもストレスになります。それらのストレスが、筋肉にどのような影響を与えるのかというお話は、次回のブログで腰痛とメンタルの関係について詳しくお話しますね

Follow me!

朝起きて、スッと起き上がれない、真っ直ぐ立てない、普通に動けるようになるまで時間がかかるという症状の方を多く診てきました。ほとんどの方は慢性腰痛になっていましたが、それを改善すれば朝スッキリ起きられるように!そんな慢性腰痛の方にしていった事は原因となる筋肉を…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です