夢中になっていると痛みを感じない理由

痛みを感じているときは〇〇状態!

 

ヘルニアなどで痛みを抱えていると

体の状態ってどうなっているか

ご存知ですか?

 

 

ぎっくり腰がいい例ですが

激痛を感じてしまうと

体全体の筋肉が緊張状態になってます

 

 

その緊張状態というのは

筋肉の収縮が行われている

ということになりますが

 

 

痛みを感じてしまった事への

防衛反応として勝手に体が

反応するわけです

 

 

実は、痛みを感じなくても

その防衛反応って起こっています

 

 

そのタイミングというのは

ストレスを感じているとき

 

 

ストレスって何も

嫌なことが起こった時だけ

ではありません。

 

 

緊張したり、不安になったり

我慢していたり

 

 

そういった心境でも

ストレスを感じています

 

 

それによって

防衛反応が働き

痛みを出している

というのが

 

 

最近言われている

腰痛のメカニズムになります



 

夢中になっていると・・・

 

そんな中でも、

痛みを感じないという

タイミングってありませんか?

 

 

ヘルニアの患者様や

私自身の体験でも

そのようなタイミングって

必ずありました

 

 

それが、夢中になっている時

 

 

何かに夢中になっている時って

ストレスを感じる事が出来ません

 

 

だって、頭の中って

その事しか考えてないので

不安だな~とか

嫌だなぁ~とか

考えている余裕がない

 

 

そして、夢中になっている事以外では

楽しんでいるときも

痛みを感じないタイミングです

 

 

楽しいことをしているのに

わざわざ嫌な事考える人いませんよね?

 

 

ですから、頭の中からストレスを

追い出せたタイミングって

防衛反応が働かず

痛みを感じずにいられるわけです




痛みを改善するには?

 

そこで、痛みを改善していくために

私がおすすめしたいのは

 

 

夢中になれる、楽しめる、体を動かすことをする

 

私の体験談ですが、

ヘルニアで苦しんでいた当時

嘘だろ?と思われるかもしれませんが

サーフィンをやりました

 

 

もちろん、痛み止めをしっかり飲んで

 

 

多少は痛みは引いていましたが

もちろん痛みはあります

 

 

そんな中、

小学生からず~っとやりたかった

サーフィンを職場の先輩に誘われ

このタイミングをのがしたら・・・

と考えると行くしかなかったのです

 

 

で、いざ海に入ると、

もう、夢中で夢中で(笑)

楽しくて仕方ありませんでした



 

正直、そこまでハードな運動とか

しなくてもいいと思います!

 

もちろん無理をする必要もないです

 

ですが、楽しんで夢中になれる運動をする

ということは、現在のあなたの体を

変化させるには最も重要です。



サーフィンをしてどうなったか?

気になりますよね?

 

その日はだいぶ快適に過ごせましたが

次の日は激痛

きっと無理がかかったんでしょうね

 

ですが、その次の日、

痛み止めなしで楽に動ける

ようになったんです

 

さあ、あなたも

夢中になれること

楽しめること

をやってみませんか?

 

痛みを忘れて体動かして行きましょう!

Follow me!

朝起きて、スッと起き上がれない、真っ直ぐ立てない、普通に動けるようになるまで時間がかかるという症状の方を多く診てきました。ほとんどの方は慢性腰痛になっていましたが、それを改善すれば朝スッキリ起きられるように!そんな慢性腰痛の方にしていった事は原因となる筋肉を…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です